このコースはマイズナーテクニックの根幹のワークであるレペテション、メソッド演技の根幹であるセンソリーワークを短期集中で学べるクラスです。

レペテションは相手を使い外側から、センソリーは自身の五感を使い内側から感性、感受性を豊かにしていきます。そして演じるときに響く、相手役と共鳴する楽器を作っていきます。

 何事を学ぶにも基礎から応用そして実践があるように、演技でも基礎をしっかりと身につけることが重要です。土台なしにはその上に立派な家は立ちません。

 講師であるボビー中西と青山治、二人とも演技の本場ニューヨークでマイズナーテクニックとメソッド演技を学んでいます。青山治はニコール・キッドマンの演技コーチであるスーザン・バトソンの演技本『Truth』を翻訳し、9月30日に而立書房より刊行されました。

 週2回クラスにコミットできる人、やる気は誰よりも負けない、本気で俳優を目指している方!お待ちしています。

【日時】

前期 計6回 19時~22時

1月11日(月)、18日(月)25日(月)

1月14日(木)、21日(木)、28日(木)

後期 計6回 19時~22時

2月8日(月)、15日(月)、22日(月)

2月11日(木)、18日(木)、25日(木)

【講師】ボビー中西(月曜日) 青山治(木曜日)

【内容】演技の定義 レペテション センソリー

【受講料】前期33,000円 後期33,000円

【定員】14名ほど

【場所】BN Studio 

住所:中野区野方5-4-13ハイネス野方B1

西武新宿線野方駅 徒歩2分

【参加資格】16歳以上で心身ともに健康である方

全クラス受講可能の方

*どうしても調整が難しい方は応相談

*希望者はボビー中西が直接指導するBNAW通常クラス、青山クラスを受講するためのオーディションも兼ねます。合格者は3月より受講が可能になります。

【申し込み方法】件名を「12回コース」としてまでbnaw@bobbynact.com氏名、年齢(ふりがな)、電話番号、プロフィール、写真、受講動機をお送りください。

【締め切り】定員になり次第締め切り(書類審査あり)

【必読書】ボビー中西・著『リアリズム演技』而立書房

【講師経歴】ボビー中西

BNAW主宰、演技講師、演出家、全米映画俳優組合員、舞台俳優組合員 NY・アクターズ・スタジオ生涯会員(日本人で2人目)、東京大学非常勤講師、新国立劇場演劇研修所マイズナー講師、渡辺ミュージカル芸術学院演技講師。高校卒業後、コント赤信号に弟子入り。1990年から2011年までNYを拠点に活動。名門ネイバーフッドプレイハウスでサンフォード・マイズナーから直接演技指導を受ける。 2007年より演技指導をスタート。水田伸生監督WSサポート、飯塚健監督WS主催、飯塚花笑監督、戸田彬弘監督とのコラボWS、大手事務所、瀧内公美などの個人レッスン多数。演技コーチとしてNetflix「全裸監督」(森田望智個人レッスン)、園子温監督「エッシャー通りの赤いポスト」、天野千尋監督「ミセス・ノイズィ」など多くの作品に携わる。2019年には自身が演出を手掛けた「男が死ぬ日(作・テネシー・ウィリアムズ)」でバッカーズ演劇奨励賞プロデュース賞受賞。著書に「リアリズム演技」(而立書房) 現在までに子役、高校生、ダンサー、ミュージシャン、ミュージカル俳優、アイドル、ハリウッド俳優、アカデミー賞ノミネート俳優など、多くの日本、世界で活躍をする俳優を指導している。その数は、延べ6000人を超す。

青山治:東京都出身。薬科大学在学中に芝居を始める。1999年12月に男優集団スタジオライフに入団。2年間の活動を経て、2002年9月渡米。NYで俳優修行を開始する。ロベルタ・ウォーラック氏に師事。ストラスバーグメソッドを使ったキャラクター作りを学ぶ中で、ニコール・キッドマンの演技コーチ、スーザン・バトソンからも直接演技を学ぶ機会を得る。 その後、ジェームス・プライス氏にも師事。2年間、マイズナーテクニックを学ぶ。
同時に、ブラッドリー・クーパーの演技コーチ、エリザベス・ケンプ氏の下でシーンワークを学ぶ。2007年8月、帰国。舞台を中心に、シェイクスピア作品から、現代劇、コメディまで幅広く活動中。

【ホームページ】http://www.bobbynact.com/