@ 2021 山﨑みを

BNAWについて

ワークショップについて

当ワークショップの大きな特徴は、一人ひとりに向かい合い指導している点です。

名前鬼、ジップザップボーイング、バズゲーム、兵隊さんゲームなどを行い緊張をほぐします。

メソッド演技で行われている練習法で、五感を研ぎ澄まし、内面から解放し、感性豊かな楽器にします。

体の一部分を変えることによって内面が影響され、普段ではあまり感じない感覚を学びます。キャラクター作りにも適用出来ます。
例)腰が曲がっている。顎が少し上がっている。内股、がに股など。

各練習法で役が入ったら、役として質問に答えてもらいます。

何が起きても大丈夫なセーフティーネットのない稽古場では、心を解放することは出来ませんし、相手役を信じないと相手と繋がることは出来ません。
練習の初日には、必ず行う練習です。

難しいタスクを時間内に達成します。
それを行いながらレペテションを行います。
例)トランプタワー、ジャグリング、知恵の輪など。

セリフの意味にとらわれず、感情という川の流れを作り、そこにセリフを乗せ、レペテションを行い相手と交流をしながら、シーンを行います。
イメージにとらわれた演技、結果の演技をしないことを学びます。

漠然としたセリフのやりとりをすべて具体化して、シーンを作り上げます。
想像力をフルに使い設定、関係性、目的、アクションなどを細かく決めることでストーリーを伝えることが出来ます。
想像力を鍛え上げられ、裏のワークがいかに大切かを学び、俳優としての演出力が習得出来ます。

緊張との付き合い方を学び、心身ともにリラックスする方法を学びます。
メソッド演技、瞑想、ムーブメントなど取り入れて自分の楽器を整えて、演技が出来る状態に持って行きます。

個人的で肉体的・精神的に難しいタスクを時間内に達成します。
それを行いながら、レペテションを行います。
想像の設定で真実に生きることを習得出来、自分と向き合うことによって、演技の個人化も学べます。

デイドリーム(白昼夢)を使い感情の作り方を学びます。
現在の置かれている自分の状況に肉付けをして、ストーリー作りそれを信じて感情を作ります。
他、感情の記憶、音楽を使う方法など。

習得したすべてを使いシーンを作り上げます。
プラス、即興を取り入れ関係性を作り、役の履歴作り、脚本分析などを学びます。

相手の言葉を聴いてそれを繰り返す練習です。
ただ繰り返すのではなく、相手のビヘイビアー(ふるまい、様子、心の状態)を受け取り、それをどう感じるかを相手に伝えます。
聴く力がつき、頭で考える演技を止め、本能、衝動に従え、相手と深く繋がれ、舞台上、カメラの前で必要とされる真の意味での
キャッチボールが出来るようになります。
同時に俳優の楽器がチューングされて、繊細で表現力の高い個人的な演技が出来るようになります。

想像で相手、自分、場所などに魔法をかけるようにAS IFをつけて、自分の楽器に影響をさせます。
例)相手に大好きな匂いつける。自分にしっぽがある。鉄の靴を履いているなど。

デイドリーム(白昼夢)を使い感情の作り方を学びます。
現在の置かれている自分の状況に肉付けをして、ストーリー作りそれを信じて感情を作ります。
他、感情の記憶、音楽を使う方法など。

シーンスタディと同様の作業をした上で、パラレル、パラフレーズ練習を行い個人的に感じれるような練習も行います。

名前鬼、ジップザップボーイング、バズゲーム、兵隊さんゲームなどを行い緊張をほぐします。

メソッド演技で行われている練習法で、五感を研ぎ澄まし、内面から解放し、感性豊かな楽器にします。

体の一部分を変えることによって内面が影響され、普段ではあまり感じない感覚を学びます。キャラクター作りにも適用出来ます。
例)腰が曲がっている。顎が少し上がっている。内股、がに股など。

各練習法で役が入ったら、役として質問に答えてもらいます。

何が起きても大丈夫なセーフティーネットのない稽古場では、心を解放することは出来ませんし、相手役を信じないと相手と繋がることは出来ません。
練習の初日には、必ず行う練習です。

難しいタスクを時間内に達成します。
それを行いながらレペテションを行います。
例)トランプタワー、ジャグリング、知恵の輪など。

セリフの意味にとらわれず、感情という川の流れを作り、そこにセリフを乗せ、レペテションを行い相手と交流をしながら、シーンを行います。
イメージにとらわれた演技、結果の演技をしないことを学びます。

漠然としたセリフのやりとりをすべて具体化して、シーンを作り上げます。
想像力をフルに使い設定、関係性、目的、アクションなどを細かく決めることでストーリーを伝えることが出来ます。
想像力を鍛え上げられ、裏のワークがいかに大切かを学び、俳優としての演出力が習得出来ます。

緊張との付き合い方を学び、心身ともにリラックスする方法を学びます。
メソッド演技、瞑想、ムーブメントなど取り入れて自分の楽器を整えて、演技が出来る状態に持って行きます。

個人的で肉体的・精神的に難しいタスクを時間内に達成します。
それを行いながら、レペテションを行います。
想像の設定で真実に生きることを習得出来、自分と向き合うことによって、演技の個人化も学べます。

デイドリーム(白昼夢)を使い感情の作り方を学びます。
現在の置かれている自分の状況に肉付けをして、ストーリー作りそれを信じて感情を作ります。
他、感情の記憶、音楽を使う方法など。

習得したすべてを使いシーンを作り上げます。
プラス、即興を取り入れ関係性を作り、役の履歴作り、脚本分析などを学びます。

相手の言葉を聴いてそれを繰り返す練習です。
ただ繰り返すのではなく、相手のビヘイビアー(ふるまい、様子、心の状態)を受け取り、それをどう感じるかを相手に伝えます。
聴く力がつき、頭で考える演技を止め、本能、衝動に従え、相手と深く繋がれ、舞台上、カメラの前で必要とされる真の意味での
キャッチボールが出来るようになります。
同時に俳優の楽器がチューングされて、繊細で表現力の高い個人的な演技が出来るようになります。

想像で相手、自分、場所などに魔法をかけるようにAS IFをつけて、自分の楽器に影響をさせます。
例)相手に大好きな匂いつける。自分にしっぽがある。鉄の靴を履いているなど。

デイドリーム(白昼夢)を使い感情の作り方を学びます。
現在の置かれている自分の状況に肉付けをして、ストーリー作りそれを信じて感情を作ります。
他、感情の記憶、音楽を使う方法など。

シーンスタディと同様の作業をした上で、パラレル、パラフレーズ練習を行い個人的に感じれるような練習も行います。

リアリズム演技の定義である「想像の設定で真実に生きること」これが出来るように各練習を行っていきます。

*アメリカでは、俳優は自分自身のことをINSTRUMENT・楽器と呼びます。
俳優は楽器を持ちません。自分の体が楽器です。
どんな素晴らしいミュージシャンでもチューニングされた楽器でないと素晴らしい音楽を奏でられません。
俳優も同じことで、きめ細かく繊細で、内面をさらけ出す個人的な表現が出来ません。

このような方にお勧めです。

型にはまった演技ではなく、自分を使ったリアリズム演技を学びたい方
自分の壁を打破したい方
役作り、準備の方法が分からない方
映画監督、演出家に指示された演技が出来ない方
本流のマイズナーテクニックを学びたい方
世界を舞台に活躍したい方
演技経験がなく演技を勉強したいと思っている方

【参加資格】 18歳以上で心身ともに健康なプロの俳優、および目指す俳優。初心者大歓迎。

ワークショップのお申し込みや、ご質問がございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。